妊活中にしていたこと

58df7f5c5f96d16b2dea6510fc313641_s

愛する人と結婚して、次はやっぱり2人の赤ちゃんが欲しい、
そう思って始めた妊活。

当時は妊活という言葉なんて考えもせず、すぐに赤ちゃんはできると思っていたのですが…
結局赤ちゃんが来るまで、2年近くかかったのでした。

結婚前から基礎体温を付けてチェックし、まだ20代でしたが、半年でクリニックへ飛び込みました。

かなりのせっかちですね…。

2人とも大きな異常はなく、それでもできませんでした。まずはタイミングから初めて、結局最後は治療までしたけれど、結果としては治療と関係のないところで授かったようでした。

それでも、後悔はしていません。時間は戻らないので、やる後悔よりやらない後悔。
迷っている人には、「迷わず病院へ!」と言いたいですね。

さて、家で努力していたことですが、やはり一番は、体を冷やさないことです。職場は夏でもクーラーで寒かったので、
制服の下にズボンやタイツの重ね履きをしていました。

また、ゆっくりお風呂に浸かるようにしたり、ストレッチをして血流が良くなるよう努力をしたり、
できるだけ靴下を履いて寝ていました。

あと、妊娠するための行動ではありませんが、「鉄」と「葉酸」を飲んでいました。
妊娠したら鉄と葉酸を飲みなさい、というのはよく言われますが、

妊娠がわかるのは着床した後しばらくしてからですし、本来妊娠する前から、十分取っておくのが望ましいそうです。
ドラッグストアなどに、鉄と葉酸が一緒に取れるサプリはいろいろ置いてあります。

ラムネ菓子のように噛んで食べるタイプのものもありますが、私は鉄の味が後味に残るのが苦手だったので、
薬のように水で飲むタイプのものを愛用していました。

結果から言うと、治療を受けに行き、「これでやっと妊娠できる」と、ふと緊張が緩んだ瞬間に、赤ちゃんが来てくれたのかな…と思っています。

ストレスが良くない、というのはよく聞きますが、ゴールの見えない状況の中、ストレスを手放すというのはなかなか困難です。
私の場合は治療を受けること自体が、ストレスを解消する方法だったようです。

不妊治療そのものもハードルが高いものですが、治療に限らず、思い切って今までと違うことをやってみる、
というのもいいのかもしれません。

私が飲んでいた葉酸サプリはベジママです!体験レビューを紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

ベジママ体験

 

コメントを残す